×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

アルミニウム

資源について > 資源一覧 > ベースメタル > アルミニウム

アルミニウムとは?


アルミニウムとはベースメタルの1つであり、鉱山から採掘されるボーキサイトを製錬してつくられる。軽量で加工しやすく、主に合金材料として使用される。、マグネシウムとの合金であるジュラルミンなど。

ボーキサイトからアルミニウムの中間製品であるアルミナへ、そしてアルミナからアルミニウムへと製錬する過程で、他の金属に比べて電力を大量に消費する。電力コストは総生産コストの30%近くを占めるため、化石燃料の価格上昇による電気代値上げによってアルミ生産企業の業績に大きな影響を及ぼす。

アルミニウム1トンを生産するには原料であるボーキサイトが約4トン、アルミナが約2トン必要。

アルミニウムは市場で取引され、英国の商品取引所であるLME(ロンドン商品取引所)での取引価格がアルミニウムの価格を知るうえで重要な指標となっている。

代表的なボーキサイト生産国は中国、ロシア、カナダ。

代表的なアルミニウム生産企業は資源メジャーのRio Tinto(リオ・ティント)、ロシアのUC Rusal(UCルサール)、米国のAlcoa(アルコア)など。

代表的なボーキサイト鉱山はギニアのSangaredi鉱山、オーストラリアのWeipa(ウイパ)鉱山など。

アルミニウム
概要
主な用途
生産企業