×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

コバルト

資源について > 資源一覧 > レアメタル > コバルト

コバルトとは?

コバルトとはレアメタルの1つであり、医療用として使用されるほか、磁性が強いため、磁石用途にも用いられる。また、他の金属に添加して合金とすることで、高温時の磨耗に強く、腐食もしにくいため、合金材料としての需要も多い。

近年では、リチウムイオン二次電池の需要の増加に伴い、リチウムイオン二次電池に用いられるコバルト酸リチウムの原料としてのコバルトの需要が急増している。コバルトを添加することによりガラスなどがきれいな青色を出すことからコバルトブルーと呼ばれる。また核爆弾にコバルトを加えて核爆発時に撒き散らすことにより、周囲により被害を与えるコバルト爆弾もある。

コバルトは銀白色の金属だが、世界最大のコバルト生産国であるアフリカのコンゴでは赤紫色のコバルト金属も採掘される。

日本ではコバルトを輸入に頼っていることから、生産国からの供給懸念に備えるため、備蓄制度が設けられている。生産国が政情不安を抱えていることや、コバルトは主にニッケルなど他の金属の採掘時の副産物として産出されることから、他の金属の生産状況によっても価格が左右され、供給は不安定な金属といえる。米国が備蓄分を放出したりすることで供給不足を賄ったりしている。

代表的なコバルト生産国は、コンゴ、カナダ、オーストラリアザンビア。埋蔵量はコンゴが圧倒的に多く、世界全体の半分を占める。

代表的なコバルト生産企業は米国のOMG、スイスのXstrata(エクストラータ)、ブラジルのVale(ヴァーレ)、資源メジャーBHP Billiton(BHPビリトン)など。

コバルト価格については国際的な取引市場がなく、欧州のコバルト地金の取引価格が国際指標となっており、需要側の買占めなどのリスクもある。1990年にはコンゴの政情不安により価格が高騰したり、2000年からはカナダの鉱山ストなどの供給障害により、過去に価格が異常に高騰したこともある。

英国の主要商品取引所であるLME(ロンドン金属取引所)では従来の銅などベースメタルに加えてコバルト及びモリブデンの取引を2010年2月に開始すると発表している。価格に透明性ができるが取引規模が他の上場商品に比べて小さいため、上場のメリットが少ないとも言われる。

コバルト
概要
生産国
コバルト鉱山
生産企業