×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

コバルト

資源について > 資源一覧 > レアメタル > コバルト > 生産国

主要生産国

コバルト生産国の世界シェア
※USGS
2007年の世界全体のコバルト生産量(鉱山生産)は約65,500トン。コンゴ民主共和国カナダザンビアロシアオーストラリアの生産量上位5カ国合計で世界全体のコバルト生産量の80%強を占めており、産地が偏在しているレアメタルである。

コバルトは鉱山において他の資源を含む鉱石として採掘され、その主産物の精製過程における副産物として生産されることがほとんどであり、コンゴ民主共和国及びザンビアに広がるCopperbelt(カッパーベルト)では銅の副産物としてコバルトが、またカナダ、オーストラリア、キューバではニッケル鉱石にコバルトが含まれている。ニューカレドニアやフィリピンなどの生産国では鉱山において採掘されたニッケル・コバルト鉱石をオーストラリアなど他国へ輸出し、精錬過程を経てコバルトが生産されている。コバルト精錬ではオーストラリアの他、中国、フィンランド(OM Group)が大きなシェアを持っている。

カナダの資源企業Sherritt International(シェリット・インターナショナル)などを中心に鉱山生産が行われているキューバにはコバルトが豊富に埋蔵されており、今後は開発が活発化していく可能性がある。

エリア別コバルト生産国一覧


コンゴ民主共和国
・ザンビア
・ジンバブエ
・ボツワナ
・南アフリカ共和国
・モロッコ

・中国
・フィリピン

・カザフスタン
・フィンランド
・ロシア
オセアニア オセアニアの国一覧

・オーストラリア
・ニューカレドニア

参考:USGSより

コバルト
概要
生産国
コバルト鉱山
生産企業