×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
オーストラリア
資源について > 各国情勢 > オセアニア > オーストラリア > 主な産物 > 金
主な産物
オセアニア・オーストラリアの主な産物について。

オーストラリアの年間金生産量
※USGS
オーストラリアは2007年で世界3位の金生産国。1980年代後半から金生産が活発に行われるようになり、300トン前後を生産した1997年あたりをピークに生産量は年々減少傾向にある。2007年では年間約245トン(約788万オンス)の金が生産されている。

同国では西オーストラリア州で主に金生産及び開発が行われており、同州からの生産がオーストラリア全体の約63%を占めている。

主な金鉱山地図
オーストラリアの主な金鉱山地図
西オーストラリア州の主要都市Kalgoorlie(カルガリー)を中心とした金開発地域であるEastern Goldfields(イースタン・コールドフィールズ)でカナダの金生産大手Barrick Gold(バリック・ゴールド)や米国のNewmont Mining(ニューモント・マイニング)など世界を代表する金生産企業が生産を行っている。特にNewmont Miningが西オーストラリア州で2009年に生産を開始したBoddington鉱山の金生産量は世界最大級となる年間100万オンスが見込まれている。

ニュー・サウス・ウェールズ州での金生産においては同国の金生産大手であるNewcrest Mining(ニュークレスト・マイニング)が大きなシェアを持っており、Cadia Hill(キャディア・ヒル)鉱山Ridgeway(リッジウェー)鉱山などから生産を行っている。
オーストラリアの金生産量(州別) - 資源ランキング

オーストラリアで生産された金は世界最大の金消費国であるインドを中心に輸出されている。金価格の上昇に伴いオーストラリアの資源輸出において重要な地位を占めている。

資源企業

オーストラリアで金鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。
オーストラリアの主な金鉱山

A1 Minerals-オーストラリア
ABM Resources-オーストラリア
ActivEX-オーストラリア
Adelaide Resources-オーストラリア
Alamar Resources-オーストラリア
Alkane Resources-オーストラリア
Alliance Resources-オーストラリア
Allstate Explorations-オーストラリア
Aluminex Resources-オーストラリア
Anchor Resources-オーストラリア
Anglo Australian Resources-オーストラリア
AngloGold Ashanti-南アフリカ共和国
Aragon Resources-オーストラリア
Areva NC-フランス
Athena Resources-オーストラリア
Atticus Resources-オーストラリア
AuDax Resources-オーストラリア
Aurium Resources-オーストラリア
Australasia Gold-オーストラリア
Austral Gold-オーストラリア
Australian Gold Investments-オーストラリア
Barrick Gold-カナダ
Beaconsfield Gold-オーストラリア
BHP Billiton-英国・オーストラリア
CBH Resources-オーストラリア
Galaxy Resources-オーストラリア
Glengarry Resources-オーストラリア
Gold Fields-南アフリカ共和国
Intrepid Mines-カナダ
Lihir Gold-パプアニューギニア
Newcrest Mining-オーストラリア
Newmong Mining-米国
OZ Minerals-オーストラリア
Ram Resources-オーストラリア
Rio Tinto-英国・オーストラリア
Rubicon Resources-オーストラリア
Sedimentary Holdings-オーストラリア
Straits Resources-オーストラリア
View Resources-オーストラリア
Xstrata-スイス
住友金属鉱山-日本
住友商事-日本


参考:各社ホームページ、USGS、ABAREより