×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
ボリビア
資源について > 各国情勢 > 中南米 > ボリビア > 主な産物 > 銀
主な産物
中南米・ボリビアの主な産物について。

ボリビアは中南米ではペルーメキシコチリに次ぐ主要生産国であり、世界9位の銀生産国である。2008年では年間約3600万オンスの銀が生産されている。同国では南西部・チリやアルゼンチンと接するポトシ県(Potosí)を中心に銀生産が行われている。

ポトシ県では米国のApex Silver Mines(エイペックス・シルバー、現Golden Minerals)と日本の住友商事のJVであるSan Cristobal(サン・クリストバル)鉱山からの生産が2007年に開始されており、2009年に住友商事が同鉱山の権益100%取得している。

またポトシ県ではカナダの銀生産大手Pan American Silver(パン・アメリカン・シルバー)が唯一ボリビアで生産を行っている銀鉱山であるSan Vicente鉱山から2009年に約260万オンスの銀が生産されている。

また同県で米国の銀生産大手Coeur d'Alene Mines(コー・ダリーン・マインズ)が所有するSan Bartolomé鉱山では2008年に銀生産が開始されており、2009年には年間約800万オンスの銀生産量を見込んでいる。

資源企業

ボリビアで銀鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。
ボリビアの主な銀鉱山

Coeur d'Alene Mines-米国
Pan American Silver-カナダ
住友商事-日本


参考:各社ホームページより