×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
ブラジル
資源について > 各国情勢 > 中南米 > ブラジル > 主な産物
主な産物
中南米・ブラジルの主な産物について。
鉄鉱石

ブラジルの鉄鉱石生産量
※World Steel Association
ブラジルは中国に次いで世界2位の鉄鉱石生産国。2007年では年間約3億3700万トンの鉄鉱石を生産しており、米州全体の年間鉄鉱石生産量の70%強を占めている。また2007年では年間鉄鉱石生産量の約80%となる約2億7000万トンが輸出されている。
鉄鉱石生産量(国別) - 資源ランキング

世界を代表するブラジル企業であるVale(ヴァーレ)がブラジルの鉄鉱石生産の中核を担っている。特にValeがブラジル国内に所有するCarajas(カラジャス)鉱山Itabira(イタビラ)鉱山が国家の鉄鉱石生産量に大きく寄与している。

主な鉄鉱山地図
ブラジルの主な鉄鉱山地図
またブラジルでは資源メジャーBHP Billiton(BHPビリトン)がValeとJVを組んでいる(Samarco)。Anglo Americanは鉄鉱石プロジェクト権益を取得して開発中であり、2013年にフル生産が開始される見通し(Minas-Rio鉄鉱石プロジェクト)。Rio Tinto(リオ・ティント)もボリビアとの国境付近で少量の鉄鉱石を生産しているが(Corumba鉄鉱山)、2009年にValeへ同鉱山を売却することで合意しており、ブラジルでの鉄鉱石事業から撤退する見通し。

ブラジルで生産されて鉄鉱石は主に中国をはじめとしてアジアの鉄鋼生産国へ輸出されており、アジアでは鉄鉱石の安定確保のため日本や韓国が手を組んでブラジルの鉄鉱山の権益を取得する動きを見せている(CSN傘下のNAMIZAの権益)。

資源企業

ブラジルで鉄鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。
ブラジルの主な鉄鉱山

Anglo American-英国
BHP Billiton-英国・オーストラリア
Cliffs Natural Resources-米国
CSN-ブラジル
Eldorado Gold-カナダ
MMX-ブラジル
Rio Tinto-英国・オーストラリア
Vale-ブラジル


参考:鉄鉱石生産量データはIISI Steel Statistical Yearbook 2007より