×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
チリ
資源について > 各国情勢 > 中南米 > チリ > 主な産物 > リチウム
主な産物
中南米・チリの主な産物について。
リチウム

チリは世界最大のリチウム生産国。2006年では世界全体のリチウム生産量の40%弱を占め、チリの生産状況がリチウムの需給動向に影響を及ぼす。年間炭酸リチウム生産量は5万トン以上、水酸化リチウムは2007年には4,000トン強生産されている。リチウム純分で年間約11,000トン。
リチウム生産量(国別) - 資源ランキング

リチウム資源量も世界最大級であり、同じく中南米ボリビアと同等規模。塩水における資源量としては世界全体の約30%以上を占める。

チリ・アタカマ塩湖(Salar de Atacama)地図
チリのリチウム生産はアタカマ塩湖(Salar de Atacama)からによるものであり、アタカマ塩湖での生産はチリのSQM(Sociedad Quimica y Minera de Chile)、ドイツのChemetall(ケメタル)が独占している。SQMのリチウム生産は事業のメインである硝酸カリウム生産過程において副産物として生産されている。

塩水から炭酸リチウムまでの工程としてはまず、アタカマ塩湖から塩水を汲み上げ、蒸発池で濃縮された後、西部にある港湾都市Antofagasta(アントファガスタ)の近隣にあるSalar del Carmen施設において精製される。同施設で生産された炭酸リチウムはAntofagastaから海外へ向けて出荷される。

資源企業

チリでリチウム生産・プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。

Chemetall-ドイツ
Li3 Energy-ペルー
Lomiko Metals-カナダ
SQM-チリ


参考:USGS、SQM Annual Report 2007、JOGMECより