×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

インド

資源について > 各国情勢 > インド > 主な産物 > 石炭
主な産物
アジア・インドの主な産物について。
石炭

インドは2007年では世界3位の石炭生産国であり、アジアでは中国に次ぐ石炭生産国。年間約4億7800万トンの石炭が生産されており、世界全体の年間石炭生産量の約7.5%を占めている。

同国では中央部から東部にかけて複数に広がる炭田で石炭生産が行われており、インド政府が完全所有する国営企業であるCoal Indiaが傘下企業を通じて生産を行っている。Coal Indiaグループ合計でインド全体の年間石炭生産量の約85%を占める。そのほとんどが露天堀によって採掘されている。

主な石炭生産地域
インドの主な石炭生産地域地図
中でも生産規模の大きいのが同国中央部のマディヤ・プラデーシュ州(Madhya Pradesh)及びチャッティースガル州(Chhattisgarh)にわたって石炭鉱山を所有するSouth Eastern Coalfields(SECL)、そしてオリッサ州(Orissa)で事業展開するMahanadi Coalfields(MCL)の2社であり、両社合計で年間約2億トンの石炭を生産しておりCoal India全体の年間石炭生産量の半分近くを占める。

またSECLのメインの生産地域であるチャッティースガル州の南部及びマハラシュトラ州(Maharashtra)では同じくCoal India傘下のWestern Coalfields(WCL)が生産を行っており、同社の生産量はグループ全体の約1割。

資源企業

インドで石炭鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。

Coal India-インド


参考:各社ホームページ、BP Statistical Reviewより