×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

インドネシア

資源について > 各国情勢 > インドネシア > 主な産物
主な産物
アジア・インドネシアの主な産物について。

インドネシアはアジアの主要銅生産国であり、日本の銅輸入量において重要な役割を担っている。2007年では年間80万トン弱の銅が生産されており、世界6位の銅生産国である。

主な銅鉱山地図
インドネシアの主な銅鉱山地図
インドネシアでは銅は金とともに生産されており、世界最大級の銅・金鉱山であるパプア州のGrasberg(グラスベルグ)鉱山、そしてスンバワ島のBatu Hijau(バツビジャウ)鉱山の国内2大鉱山から生産が行われている。Grasberg鉱山は米国のFreeport-McMoRan(フリーポート・マクモラン)が権益を所有しており、Batu Hijau鉱山には米国のNewmont Mining(ニューモント・マイニング)の他に日本企業などが出資している。

資源企業

インドネシアで銅鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。
インドネシアの主な銅鉱山

Freeport-McMoRan-米国
Newmont Mining-米国
Rio Tinto-英国・オーストラリア


参考:各社ホームページ、USGSより