×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

インドネシア

資源について > 各国情勢 > インドネシア > 主な産物 > ニッケル
主な産物
アジア・インドネシアの主な産物について。
ニッケル

インドネシアの年間ニッケル生産量
※USGS
インドネシアアジア最大のニッケル生産国であり、2007年では年間約23万トンのニッケルを生産している。埋蔵量は約320万トンと他の主要ニッケル生産国と比較してやや劣るものの(USGSのReservesデータ)、生産量においては世界ではロシアカナダに次いで世界3位のニッケル生産国である。
インドネシアのスラウェシ島、マルク諸島地図
インドネシアでは同国企業であるAntam(アンタム、Aneka Tambang)、そしてカナダのVale Inco(ヴァーレ・インコ)や日本の住友金属鉱山が権益を所有するPT Incoが同国内でのニッケル生産において大きなシェアを持っており、スラウェシ島やマルク諸島を中心にニッケル生産を行っている。

またマルク諸島ではフランスのニッケル生産大手であるEramet(エラメット)が傘下企業を通じ、AntamとJVでのニッケル開発を進めている(Weda Bayプロジェクト)。同プロジェクトには日本の三菱商事が資本参加している(Erametの傘下企業へ出資)。

資源企業

インドネシアでニッケル鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。
インドネシアの主なニッケル鉱山

Antam-インドネシア
Eramet-フランス
Vale Inco-カナダ
住友金属鉱山-日本
三菱商事-日本