資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

モンゴル

資源について > 各国情勢 > モンゴル > 主な産物 > 石炭
主な産物
アジア・モンゴルの主な産物について。
石炭

モンゴルでは2008年には年間約970万トンの石炭が生産されている。同国内に供給される電力に占める石炭火力発電の割合が非常に高く重要な資源である。

同国ではウランバートル近隣を中心に30年にわたって石炭生産を行っている国営企業Baganuurが国内で大きなシェアを持っており、年間約300万トンの石炭を生産している(Baganuur鉱山など)。

同国南部のウムヌゴビ県(Ömnögovi)ではカナダのIvanhoe Mines(アイバンホー・マインズ)傘下のSouthGobi Energy Resourcesが隣国の中国との国境付近に所有するOvoot Tolgoi鉱山より年間100万トンの石炭生産を行っており、同社が生産した石炭は主要石炭消費国である隣国の中国へ販売されている。またSouthGobi Energy Resourcesは同鉱山近隣で石炭開発を進めており、2012年には年間石炭生産量を約800万トンに引き上げる計画を立てている。またIvanhoe MinesはOvoot Tolgoi鉱山の近隣で国内最大規模の銅・金生産開始に向け開発を進めている(Oyu Tolgoiプロジェクト)

またウムヌゴビ県のTavan Tolgoi(タワン・トルゴイ)エリアには豊富な石炭埋蔵量があるとされている(約65億トン)。オーストラリアやカナダのような主要原料炭生産国となるポテンシャルを秘めており、同エリアで生産及び開発を行っている国内企業を含め外資の参入などにより開発が活発化していくと見られる。

資源企業

モンゴルで石炭鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。

Baganuur-モンゴル
Energy Resources-モンゴル
SouthGobi Energy Resources-カナダ
Tavan Tolgoi-モンゴル


参考:各社ホームページ、USGSより