資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

パプアニューギニア

資源について > 各国情勢 > オセアニア > パプアニューギニア > 主な産物 > 銅
主な産物
オセアニア・PNGの主な産物について。

パプアニューギニア(PNG)では年間約17万トンのが生産されている(2007年)。

主な銅鉱山・プロジェクト地図
パプアニューギニアの主な銅鉱山・プロジェクト地図
同国では西部州(Western)北部・インドネシアとの国境付近にあるOk Tedi鉱山から唯一銅生産が行われている。同鉱山はパプアニューギニア企業であるOk Tedi Miningが所有しており、同社へはPNGSDP(PNG Sustainable Development Program)、PNG政府などが出資している。PNGSDPは2002年にBHP Billiton(BHPビリトン)のOk Tedi Mining株式所有分の移管により同社の筆頭株主となっている。

またOk Tedi鉱山の近隣ではスイスのXstrata(エクストラータ)などによって探鉱が行われている(Frieda Riverプロジェクト)他、ニューブリテン島(New Britain)ではオーストラリア企業Coppermolyが複数のプロジェクトを所有している。

資源企業

パプアニューギニアで銅鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。
パプアニューギニアの主な銅鉱山

Coppermoly-オーストラリア
Ok Tedi Mining-PNG
Xstrata-スイス


参考:各社ホームページ、USGSより