×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

南アフリカ共和国

資源について > 各国情勢 > アフリカ > 南アフリカ共和国 > 主な産物
主な産物
アフリカ・南アの主な産物について。
マンガン

南アフリカ共和国はアフリカ最大のマンガン生産国。2006年の生産量では中国に次いで世界2位。

生産地域が北ケープ州北部のKalahari Basin(カラハリ盆地)に集中しており、資源メジャーであるBHP Billiton(BHPビリトン)Anglo American(アングロ・アメリカン)のJVであるSamancor(サマンコール、世界最大のマンガン生産企業)とAfrican Rainbow MineralsとAssoreのJVであるAssmang(アソマン)の二大マンガン生産企業が同地域で生産を行っている。

二大マンガン生産企業の生産量はともに増加傾向にあるが特にAssmangのマンガン生産量の拡大が顕著に見られ、2005年から2008年まで増加の一途をたどっている。両社とも南アフリカ共和国内における2008年の年間マンガン生産量は300万トンを超えており、国内のみでの生産量で見ればAssmangがSamancorを上回っている。(Assmang年間マンガン生産量2005年:約188万トン→2008年:約315万トン)

Assmangの主力鉱山であるNchwaningマンガン鉱山ではさらに2011年までに年間マンガン生産能力を420万トンクラスまで引き上げるプロジェクトが行われている。Samancorの主力は露天堀、坑内堀の2鉱山で構成されるHotazel鉱山(HMM)。

資源企業

南アフリカ共和国でマンガン鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。
南アフリカ共和国の主なマンガン鉱山

Aquila Resources-オーストラリア
Assmang-南アフリカ共和国
Samancor-南アフリカ共和国