×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

米国

資源について > 各国情勢 > 北米 > 米国 > 主な産物 > 鉛
主な産物
北米・米国の主な産物について。

米国は世界3位の生産国であり、2007年では鉱山生産量で年間約44万トンの鉛が生産されている。米国の鉛生産における世界シェアは約12%。

米国ではアラスカ州とミズーリ州を中心に鉛生産が行われており、2007年では両州合計で米国全体の年間鉛生産量のほとんどを占める。その他ではアイダホ州などで少量生産されている。

アラスカ州ではカナダの資源大手Teck Resources(テック・リソーシズ)が同州北西部のRed Dog(レッド・ドッグ)鉱山から主産物である亜鉛とともに鉛を生産しており、ミズーリ州では米国企業Doe Runが生産拠点を置いている。この2社が米国内の鉛生産において大きなシェアを持っている。Red Dog鉱山の2007年の年間鉛生産量は米国全体の約30%を占めている。

資源企業

米国で鉛鉱山生産・開発プロジェクトを展開する主な世界の資源企業。
米国の主な鉛鉱山

Doe Run-米国
Hecla Mining-米国
Teck Resources-カナダ


参考:各社ホームページ、USGSより