×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

証券取引所

資源について > 証券取引所 > ASX
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な証券取引所について。
オーストラリア証券取引所

オーストラリア証券取引所とは?

ASX(オーストラリア証券取引所)はオーストラリア最大の証券取引所であり、時価総額で世界的にも大きな規模を持つ証券取引所。オーストラリアの主要都市シドニーにある。

1861年にメルボルンで設立された証券取引所が前身。オーストラリア初となる同証券取引所の後、1871年にはシドニー証券取引所(Sydney Stock Exchange)、1882年にはホバート証券取引所(Hobart Stock Exchange)など合わせて6つの証券取引所が相次いで設立。1987年に併合が行われてオーストラリア証券取引所(Australian Stock Exchange)となる。

2006年に先物取引所として大きな規模を持つシドニー先物取引所(Sydney Futures Exchange、SFE)と合併し、Australian Securities Exchangeとなっている。

オーストラリアはウラン石炭など様々な資源が埋蔵されている大国であり、資源輸出がオーストラリア経済に大きな影響を与える。上場企業においてもオーストラリア証券取引所にはBHP Billiton(BHPビリトン)Rio Tinto(リオ・ティント)など世界最大級の規模を持つ資源メジャーをはじめとして、大小様々な資源企業が上場している。