×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

証券取引所

資源について > 証券取引所 > LSE
英国
欧州・英国の主な証券取引所について。
ロンドン証券取引所

ロンドン証券取引所とは?

LSE(ロンドン証券取引所)とは英国唯一の証券取引所であり、ニューヨーク証券取引所や東京証券取引所に次ぐ規模を持つ証券取引所。英国の首都ロンドンにある。

世界の証券取引所の中でも歴史の古い証券取引所の1つであり、17世紀末から株式取引され、1802年に証券取引所として組織化している。

LSEでは主に欧州に本拠を置く大企業が上場するMain Marketと、ベンチャー企業など比較的小規模な企業が上場するAIMに分けられる。また、その他世界各国の企業が上場するマーケットとしてInternational Main Marketもある。資源企業で見ると、International Main Marketに上場する代表的な企業としてはロシアGazprom(ガスプロム)などが挙げられる。

取引通貨は英国の主要通貨であるポンド(GBP)をはじめとしてユーロや米ドルなど様々な通貨で取引される。

2007年にイタリア取引所(Borsa Italiana)を買収し、規模を拡大している。