×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

天然ガス

資源について > 資源一覧 > 化石燃料 > 天然ガス

天然ガスとは?

天然ガスとは、メタンを主成分とした化石燃料であり、ガス田や炭田などで採掘される。火力発電や都市ガスに使用され、1次エネルギーの中で重要な役割を占める。

ガス田において地下数千メートルの深さから気体で採掘され、硫黄などの不純物を除去してパイプラインを通して輸送されるほか、-162℃まで冷却して、液化天然ガス(LNG)としてタンカーで海上輸送される。液化することで気体の時より体積を600分の1にまで小さくして輸送しやすくすることができる。

主に陸地を輸送する場合はパイプライン、海外へ輸送する場合はLNG。パイプラインは長距離にわたって敷設され、テロによるパイプラインの破壊などの問題がしばしば起きる。

化石燃料が温室効果ガスを生じ、地球温暖化の原因となる問題が起きている中、天然ガスは原油と比べて二酸化炭素の排出量は少ないが、温暖化係数が二酸化炭素の約20倍であるメタンを排出するため、温暖化の観点から考えると、クリーンエネルギーかどうかは疑問である。

天然ガスはレアメタルなどと違って世界各地に広く埋蔵されているが、特に生産の多いロシアなどに国家戦略の武器として利用される。天然ガスをロシアからの輸入に頼る欧州各国などは、天然ガスの安定供給に不安を抱えている。日本は北陸の新潟県をはじめとして東北や千葉などで少量採掘されるが、多くを海外、特にインドネシアマレーシアオーストラリアからLNGで輸入に頼っており、世界のLNG輸入の約4割を占める世界一のLNG輸入国となっている。

2008年12月には天然ガスの主要輸出国による国際機構が発足しており、原油に対するOPECのような組織となり生産調整などによる天然ガス価格の高止まりや消費国への圧力などの懸念がある。(主導国はロシア、イランなど。)

主な天然ガス生産国はロシア、米国、カナダなど。埋蔵量は中東カタールなどが多い。

主な天然ガス生産企業はロシアのGazprom(ガスプロム)など。

天然ガス 天然ガスTOP
原油・ガス田
生産企業