×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

資源用語

資源について > 資源用語 > > 原位置抽出法
資源に関連する様々な用語について。
採掘方法

原位置抽出法

英語In Situ Leach(ISL)、In Situ Recovery(ISR)、solution mining

In Situ Leach(原位置抽出法)とは鉱床において井戸を掘り、硫酸や過酸化水素水を注入して鉱物を溶解させ、ポンプで抽出する方法。ウランの採掘に用いられる。

大規模な採掘作業を要する露天堀坑内堀と比較してIn Situ Leachは低コストでの生産が可能であり、ウラン埋蔵量が豊富なカザフスタン米国で主流となっている。

In Situ Leachが採用されている主なウラン鉱山はカザフスタンのInkai鉱山CamecoKazatompromJV)やAkdala鉱山Uranium OneとKazatompromのJV)、米国のSmith Ranch-Highland鉱山(Cameco所有)など。オーストラリアでは唯一南オーストラリア州でBeverley鉱山Heathgate Resources所有)からIn Situ Leachによる生産が行われている。

五十音別

・あ
・い
・う
・え
・お
・か
・き
・く
・け
・こ
・さ
・し
・す
・せ
・そ
・た
・ち
・つ
・て
・と
・な
・に
・ぬ
・ね
・の
・は
・ひ
・ふ
・へ
・ほ
・ま
・み
・む
・め
・も
・や
・ゆ
・よ
・ら
・り
・る
・れ
・ろ
・わ

英語別

・A
・B
・C
・D
・E
・F
・G
・H
・I
・J
・K
・L
・M
・N
・O
・P
・Q
・R
・S
・T
・U
・V
・W
・X
・Y
・Z