資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

資源用語

資源について > 資源用語 > > 石油輸出国機構
資源に関連する様々な用語について。

石油輸出国機構(OPEC)

英語Organization of the Petroleum Exporting Countries
HPhttp://www.opec.org/

石油輸出国機構は世界の主要産油国、特に中東の国家を中心として形成される組織。通称OPEC(オペック)。原油の需給バランスの調整などの手段により原油価格の急落を防ぎ、国家の経済の主軸である原油収益を確保することを主な目的とする。

現在でこそ原油価格は市場取引で形成されるが、以前は石油生産側で価格を決定しており、国際石油資本(セブン・シスターズ)が価格決定権を独占していた。その国際石油資本の価格決定権に不満を持つ産油国が、国際石油資本に対抗するため、1960年にサウジアラビアとベネズエラが主導して結成された。

OPECの産油量の増減が、世界の原油価格に影響を及ぼす。

OPEC加盟国


五十音別

・あ
・い
・う
・え
・お
・か
・き
・く
・け
・こ
・さ
・し
・す
・せ
・そ
・た
・ち
・つ
・て
・と
・な
・に
・ぬ
・ね
・の
・は
・ひ
・ふ
・へ
・ほ
・ま
・み
・む
・め
・も
・や
・ゆ
・よ
・ら
・り
・る
・れ
・ろ
・わ

英語別

・A
・B
・C
・D
・E
・F
・G
・H
・I
・J
・K
・L
・M
・N
・O
・P
・Q
・R
・S
・T
・U
・V
・W
・X
・Y
・Z