×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

資源について > 資源一覧 > レアメタル > 金

金とは?

金とは鉱山で採掘されるレアメタルの1つであり、貴金属に分類される。古くからその価値を認められた希少性の高い金属であり、宝飾品や通貨などに使用される。また、電気をよく通すため、電気機器にも使用される。

米国のNYMEXの取引価格が国際指標となっている。また、ロンドン市場では午前・午後の2回に価格が決定される(Fix)。

金は有事の金と呼ばれ、不景気時に価格が高騰する性質を持つ。また価格高騰時には産金企業からの調達コストが上昇するため、電気機器などの廃品からのリサイクルが注目されている(都市鉱山)。

代表的な産金国は中国、南アフリカ共和国、オーストラリアなど。

代表的な産金企業はBarrick Gold(バリック・ゴールド)AngloGold Ashanti(アングロゴールド・アシャンティ)Newmont Mining(ニューモント・マイニング)など。

代表的な金鉱山はペルーのYanacocha(ヤナコチャ)鉱山、インドネシアのGrasberg(グラスベルグ)鉱山など。

金鉱石は主に低品位の酸化鉱として存在し、溶液をスプリンクラーでかけて浸出させるヒープリーチングによって金生産が行われている。また低品位の硫化鉱はオートクレーブ処理によって硫黄分を除去した後にリーチングが行われる。

リーチングによって得られた金と不純物の混合物は高温の溶炉で溶解され、炭素を除去して型枠に流し込まれる。そして凝固した固体表面に付着した不純物を取り除くことにより品位90%程度の金(ドーレ)が生産される。ドーレは精錬所へ出荷され、電解精製により品位99.99%へ高められる。

概要
主な用途
生産国
金鉱山
生産企業