×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉄鉱石

資源について > 資源一覧 > > 鉄鉱石

主な鉄鉱山地図
主な鉄鉱山地図
鉱山
世界最大の鉄鉱山。
鉱山Carajás (ブラジル)

国別の主な鉄鉱山。
オーストラリア
インド
カザフスタン
カメルーン
グリーンランド
シエラレオネ
チリ
ブラジル
南ア
リベリア

鉄鉱山


生産・埋蔵国
世界の主な鉄鉱石生産・埋蔵国。
インド
ウクライナ
オーストラリア
カザフスタン
カナダ
スウェーデン
中国
チリ
ベネズエラ
ブラジル
米国
南ア
ロシア

鉄鉱石生産国
鉄鉱石生産量(国別) - 資源ランキング

生産・開発企業
世界の主な鉄鉱石生産企業。
Vale
Rio Tinto
BHP Billiton
Metalloinvest
NMDC
LKAB

鉄鉱石生産企業


鉄鉱石とは?

鉄鉱石とは鉱山から採掘される鉄を含んだ鉱物であり、鉄鋼の原料として使用される。埋蔵量は他の資源に比べ豊富にあるものの中国、オーストラリア、ブラジルの3カ国が世界全体の鉄鉱石生産において大きなシェアを占めている。中でも主要鉄鉱石輸出国であるオーストラリア、ブラジルにおける同国内の生産は一部の大手資源企業が寡占している。

鉄鉱石は天然では酸素を含んだ酸化鉄として存在し、主にヘマタイト鉱床やマグネタイト鉱床から採掘される。ヘマタイト鉱床から生産されるヘマタイト(赤鉄鉱)は品位が高く、世界有数の鉄鉱石生産国であるオーストラリアやブラジルでは主にヘマタイトの生産が行われている。同じく鉱石の1種であるマグネタイト(磁鉄鉱)やタコナイトはヘマタイトに比べ品位が劣る。

鉄鉱山から採掘された鉄鉱石は細かく粉砕され、その大きさから塊鉱石(Lump)や粉鉱石(Fine)と区別され製鉄所へと出荷される。世界最大級の鉄鉱石生産企業であるRio Tinto(リオ・ティント)が西オーストラリア州北西部のPilbara(ピルバラ)地域で生産する鉄鉱石であるPilbara Blend(ピルバラ・ブレンド)などが知られている。Pilbara Blendにおける塊鉱石(PB-L)のサイズは6.3mm~31.5mm、粉鉱石(PB-F)は6.3mm以下。

粉鉱石は鉄鋼メーカーが所有する高炉に投入する前に産地の異なる鉱石の性質を均一化すべくブレンドされた後に焼結機によって焼結鉱(Sinter)に加工される。粉鉱石よりさらに細かい微粉鉱石は運搬が困難なためそのままでは出荷されず、鉱山でペレット(Pellet)に加工されて出荷される。ペレットと焼結鉱はともに鉱石をある程度の大きさに固めたものだが不純物の多さや還元しやすさなどの性質が異なる。

塊鉱石、ペレット、焼結鉱は石炭を加工したコークスなどとともに高炉へ投入され製鉄される。

鉄鉱石価格は鉄鉱石生産企業と日本や中国などの鉄鋼メーカーとの間で年1回行われる年度供給契約に向けた価格交渉で決められる他、スポット取引も行われている。資源メジャーと鉄鋼メーカーとの間で行われる価格交渉では先行の交渉での決定価格が基準となり、後の交渉は基準に追従するのが慣例となっていたが鉄鉱石需要の増加に伴いさらなる価格の上昇を狙う鉄鉱石メジャーの強気の姿勢により2008年には価格追従の慣習が崩れている(ブラジルのValeが先に価格決定したがオーストラリアに鉄鉱石生産拠点を置くRio TintoやBHP Billitonが輸送コストの差を理由にValeの価格での妥結を拒否、さらなる値上げで妥結)。また鉄鉱石の需給を反映した鉄鉱石スポット市場の価格変動に対応するため資源メジャーと鉄鋼メーカー間の価格において市場価格連動型(四半期ごとに価格改定)にすべきとの提案が資源メジャーから上がっており、この提案を受け入れれば2010年度の鉄鉱石価格は前年度比で大幅値上げとなることから需要側は反対している。

買収によりシェアの寡占が進む鉄鉱石供給側(Vale、Rio Tinto、BHP Billitonの3社で鉄鉱石海上輸送シェア8割)に対して需要側(鉄鋼メーカー)それぞれの世界全体に占めるシェアは粗鋼生産世界2位の新日鉄と世界3位のJFEを足しても世界シェア数%程度と低いため資源メジャーとの価格交渉において不利となる。近年ではさらに鉄鉱石メジャー同士が鉄鉱石生産部門統合交渉を行っているため鉄鋼メーカーは反対声明を出している。また鉄鉱石の安定確保のため中国がオーストラリアの鉄鉱石生産企業へ出資(湖南華菱鋼鉄のFMGへの出資など)、また日本や韓国企業や共同でブラジルの鉄鉱山(ブラジルの鉄鋼メーカーCSN傘下のNAMISA)へ出資するなど鉄鋼メーカーが上流分野への進出の動きを見せている。また原油価格の上昇による鉄鉱石運搬コストの上昇を抑えるため鉄鉱石運搬船を大型化し、積載容量を拡大させて往復の手間を省こうとする動きも見られる。
鉄鉱石 - オーストラリアの主な産物

鉄鉱石
概要
主要用途
生産国
鉄鉱山
生産企業