×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

白金(プラチナ)

資源について > 資源一覧 > レアメタル > 白金(プラチナ) > 主な用途

主要用途

部門別プラチナ需要量
(自動車触媒は総量、うち約20%は回収。)
右図は2007年のプラチナの部門別需要量(Johnson Matthey Platinum 2008より)。

プラチナの用途は、自動車触媒が全体の半分を占める。そのため、自動車業界の景気動向に価格は左右される。

2003年頃はプラチナの需要としては宝飾品が自動車触媒と同水準の需要量を占めていたが、プラチナ価格の高騰により宝飾品需要は減少。

産業用としてのニーズの高まりをうけ、産業用需要が自動車触媒に次ぐ割合を占めるようになっている。

自動車触媒

プラチナの用途として特に大きな割合を占めるのが自動車の排気ガスの浄化触媒である。

小型ディーゼル車の増産、排ガス規制などの要因により、自動車の排気ガス浄化需要の高まりを受け、プラチナ需要量は増加している。

近年ではプラチナから、同じく貴金属であり自動車触媒効果のある、プラチナよりも価格が安いパラジウムへの転換の動きも見られ、プラチナの自動車触媒需要の伸びに歯止めがかかっているものの、プラチナ需要量自体は依然として年々増加している。

宝飾品

プラチナは金など他の貴金属と同様に宝飾品としての価値も高いが、近年のプラチナ価格高騰に伴い、宝飾品としての需要は年々減少している。

自動車触媒需要と同様に、宝飾品需要においても価格のより安いパラジウムへの移行が見られる。

産業用

宝飾品需要の減少と対照的に需要が増加しているのが産業用としての需要である。

フラット・パネル・ディスプレイの製造、ハードディスクなどに使用される。液晶テレビの需要の増加、より記憶容量の大きなハードディスク市場の拡大などの要因によりプラチナ需要も増加する。

白金(プラチナ) プラチナTOP
主要用途
生産国
プラチナ鉱山
生産企業