資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > 英国企業 > African Eagle Resources
英国
欧州・英国の主な資源企業について。

African Eagle Resources(アフリカン・イーグル・リソーシズ)


African Eagle Resources(アフリカン・イーグル・リソーシズ)は英国の銅・金探査企業であり、アフリカで事業展開。


設立当初の社名はTwigg Resourcesであり、2002年に社名をAfrican Eagle Resourcesに変更。


アフリカ東部・中央部のタンザニアザンビアモザンビークでプロジェクトを抱える。


ザンビアでは銅の探査がメインであり、首都であるLusakaとNdolaに事務所を構え、事業は子会社であるKatanga Resources Limitedが担う。


タンザニアでは金がメイン。ビクトリア湖近隣の金鉱地であるMwanzaと、主要都市であるダルエスサラームに事務所を構える。タンザニアでの事業は子会社のTwigg Gold Limitedが行う。


モザンビークでは子会社のTwigg Exploration and Mining Limitadaが銅やニッケルなどの探査を行う。


今後はウランプロジェクトにも参画し、取扱資源の拡大を図る。




銅部門 銅 - 資源一覧

African Eagle Resources(アフリカン・イーグル・リソーシズ)の銅部門は、ザンビアがメインでありMkushi、Mokambo、Ndola、Sasare Eagle Eye(銅・金)プロジェクトに分けられる。


Mkushi銅プロジェクトはCGA Mining(CGAマイニング)とのJVで行っており、2008年4QにFSが終了する見通し。


Mokambo銅プロジェクトはCopperbelt MineralsとJVで事業を行っている。


また、Ndola銅プロジェクトは米国の資源大手Freeport McMoRan(フリーポート・マクモラン)よりプロジェクト権益を取得。


金部門 金 - 資源一覧

African Eagle Resources(アフリカン・イーグル・リソーシズ)の金部門はタンザニアがメインであり、ビクトリア湖金鉱地などでMiyabi、Rupa、Igurubi、Dutwa金プロジェクトを抱える。


Miyabi金プロジェクトは英国の産金大手Randgold Resources(ランドゴールド・リソーシズ)とのJV。


主なプロジェクト

African Eagle Resources(アフリカン・イーグル・リソーシズ)の主な開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。


ザンビア
・Lunga-銅・金・ウラン
・Mkushi-Mkushi Copper Joint Venture
・Mokambo-
・Ndola-
・Sasare Eagle Eye-

タンザニア
・Dutwa-ニッケル
・Idiwili-ウラン
・Igurubi-
・Miyabi-
・Nondwa-ウラン
・Rupa-
・Shikula-ウラン
・Tanga-ウラン
・Zanzui-ニッケル・PGM

モザンビーク
・Fingoe-銅・金
・Majele-タンタル・錫・ニオブ
・Niassa-銅・ニッケル・PGM
・Sena-金・ウラン
・Tambara-金・ウラン


参考:各社ホームページより