×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > 米国企業 > Alcoa
米国
北米・米国の主な資源企業について。

Alcoa(アルコア)


Alcoa(アルコア)は米国のアルミ生産最大手。世界3位。米国の主要株価指数であるダウ平均の構成銘柄。


北米、欧州での売上が大部分を占める。また、アルミ生産は電力を大量に消費するため、電力の需給状況や電気価格は業績に影響を及ぼす。


事業拡大を目指し、Alcan(アルキャン)に買収をかけたが、買収合戦でRio Tinto(リオ・ティント)に敗北した。


BHP Billiton(BHPビリトン)のRio Tintoへの買収を阻止するため、2008年2月に中国アルミと共同でRio Tintoの株式12%の取得を発表。

BHP Billiton - Rio Tinto - 資源企業の買収劇

中国アルミが100%出資して設立したShining Prospect Pte. Ltd.(SPPL)の12億円分の転換社債をAlcoaが引き受け、SPPLがRio Tintoの株式を取得。


ブラジルの鉄鉱石生産最大手のVale(ヴァーレ)や他の資源メジャーなどの事業規模の拡大目的として、常に買収対象と見られる。


2008年にValeがスイスの資源大手Xstrata(エクストラータ)へ買収をかけたが、交渉が決裂したことにより、Valeの次の買収ターゲットとしてAlcoa(アルコア)の名前も挙がっている。(2008年)

Vale - Xstrata - 資源企業の買収劇




参考:各社ホームページより