×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > 英国企業 > Anglo American
英国
英国の主な資源企業について。

Anglo American(アングロ・アメリカン)


Anglo American(アングロ・アメリカン)は多数の大手企業を傘下に抱え、世界各国で事業展開を行う世界最大級の資源企業。資源三大メジャーの1社。英国の証券取引所であるLSE(ロンドン証券取引所)の主要株価指数であるFTSE100種総合株価指数の構成銘柄。


白金を中心とするPGM(白金族金属)や鉄鉱石など、それぞれの資源における鉱山生産事業は株式を過半数所有する子会社が行っており、生産の中心は南アフリカ共和国。


主なグループ中核企業権益
Anglo Coal100%
Anglo Platinum76.5%
De Beers45%
Kumba Iron Ore63.4%
Samancor40%

主な非中核企業権益
Tarmac100%
Scaw Metals(South Africa)74%
Scaw Metals(International)100%
Catalão100%
Copebrás73%

ダイヤモンド生産世界最大手である南アフリカ共和国のDe Beers(デビアス)の株式を45%保有しており、白金(プラチナ)生産大手のAnglo Platinum(アングロ・プラチナ)の株式を76.5%、鉄鉱石生産大手のKumba Iron Ore(クンバ・アイアン・オア、旧Kumba Resources)も傘下に置いている。Anglo Platinumはプラチナ生産世界一、Kumba Iron Oreは鉄鉱石生産世界5位。


また、世界最大のマンガン生産企業である南アフリカ共和国のSamancor(サマンコール)の権益を40%所有している。


金生産大手のAnglogold Ashanti(アングロゴールド・アシャンティ)の株式も所有していたが、2005年に経営資源をベースメタル、石炭、PGM(白金族金属)に集中させる方針を発表、Anglogold Ashantiの株式の売却を開始。2007年には保有株式を41.6%から17.3%に減らし、さらに2009年3月までに全株式を売却している。さらに傘下のTarmacも非中核事業と位置づけている他、鉄鋼事業Scaw Metals、ブラジルのニオブ部門、そしてアフリカやアイルランドの亜鉛資産も売却する旨を2009年10月に発表しており、コスト削減に向けて資産整理を進めている。


ブラジルの鉄鉱石生産大手のVale(ヴァーレ)が2008年にスイスの資源大手Xstrata(エクストラータ)へ買収をかけたが、交渉が決裂したことにより、Valeの次の買収対象として候補にも挙げられていた。

Vale - Xstrata - 資源企業の買収劇


また2009年には同じく資源大手であるXstrataから対等合併の交渉を受けるも拒否し、交渉は決裂している。

Xstrata - Anglo American - 資源企業の買収劇


Anglo American(アングロ・アメリカン)部門別売上高
【2008年】   【2007年】

Anglo Americanの事業は大きく、


・Platinum(プラチナ)
・Base Metals(ベースメタル)
・Coal(石炭)
・Ferrous Metals and Industries(鉄鉱石、マンガンなど)
・Diamonds(ダイヤモンド)
・Industrial Minerals(建設関連)

に分けられる。


ベースメタルは銅、亜鉛、ニッケル、ニオブなどからなり、2008年実績では銅の売上がベースメタル全体の約66%を占める。Industrial Mineralsはコンクリート製品などを取り扱う子会社Tarmacの売上からなる。


2008年の営業利益ベースでは鉄鉱石の全体に占める比率が最も高く、ベースメタル、プラチナ、石炭と続く。石炭部門はオーストラリアでの売上が2008年では倍増している。




石炭部門 石炭 - 資源一覧

Anglo American(アングロ・アメリカン)エリア別売上高・石炭部門

Anglo Americanの石炭部門であるAnglo Coalの生産は完全子会社を通じてオーストラリアと南アフリカを中心として米州でも行っており、グループ全体で年間約1億トンの石炭を生産している。


特にオーストラリアでは国内第4の生産規模を持つ石炭生産企業である。

Anglo Coal Australia(アングロ・コール・オーストラリア)

南アフリカ共和国では主に一般炭を生産しており、同国の電力公社Eskomへ供給している。南アフリカ共和国での石炭事業はAnglo Americanの完全子会社であるAnglo Coal South Africa(アングロ・コール・サウス・アフリカ)が担っている。


南米の生産拠点はベネズエラとコロンビアであり、ベネズエラでは権益を25%所有するCarbones del Guasareがベネズエラ北部の石炭鉱山から一般炭や原料炭の生産を行っている。コロンビアでは同国最大の石炭輸出企業であるCerrejón Coalの権益を3分の1所有しており、欧州や米州へ一般炭を供給している。Cerrejón CoalはBHP Billiton(BHPビリトン)、Xstrata(エクストラータ)との権益3等分によるJV。


北米の生産拠点はカナダ。また、中国でも石炭プロジェクトの権益を取得することでアジアでの石炭開発にも参入している(Xiwanプロジェクト、Anglo American権益60%)。



鉄鉱石部門 鉄鉱石 - 資源一覧

Anglo Americanの鉄鉱石部門の主力は南アフリカ共和国。同国では傘下企業であるKumba Iron Ore(クンバ・アイアン・オア)を通じて鉄鉱石生産を行っている。

Kumba Iron Ore(クンバ・アイアン・オア)

2008年にブラジルの鉄鉱石生産企業MMXの主力事業を取得することにより、鉄鉱石埋蔵量が豊富なブラジルでの鉄鉱石開発も開始している。MMXから取得した資産はAmapáプロジェクト(権益51%)とMinas-Rioプロジェクト(権益69.2%)であり、その後Amapáプロジェクトは残りの権益を取得している。Minas-Rioプロジェクトは米国の鉄鉱石生産大手Cliffs Natural Resources(クリフズ・ナチュラル・リソーシズ)とのJV。


Minas-Rioプロジェクトでは2012年の生産開始、2013年の鉄鉱石フル生産が予定されており、2600万トンクラスのペレット生産量を見込んでいる。


2017年までにグループの鉄鉱石生産規模を1億5000万トンクラスまで引き上げることを目標としている。


ベースメタル部門 ベースメタル - 資源一覧

Anglo Americanのベースメタル部門であるAnglo Base Metalsは主に銅・ニッケル・亜鉛や、その他様々な資源を生産。2007年では6ヶ国にわたって事業展開する。


生産は南米のチリでのCollahuasi鉱山やその他複数の鉱山、そして製錬所を操業するほか、ベネズエラやブラジル、南アフリカなどでも生産拠点をもつ。


2009年に発表した資産整理ではチリの銅部門やブラジルニッケル部門を中核事業と位置付けており、同社の欧州・アイルランドなどに所有する亜鉛部門全体(Lisheen鉱山など)及びブラジルのニオブ資産(Catalão鉱山)は非中核事業として売却する意向を示している。



Anglo AmericanのPGM部門は南アフリカに本拠を置く世界最大のPGM生産企業Anglo Platinum(アングロ・プラチナ)が生産を担う。


Anglo Platinumの生産拠点は南アフリカのBushveld(ブッシュフェルド)コンプレックス

Anglo Platinum(アングロ・プラチナ)

主な鉱山

Anglo American(アングロ・アメリカン)の主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。


アイルランド
Lisheen-亜鉛・鉛・銀

オーストラリア
Callide-石炭Anglo Coal Australia
Capcoal-石炭Anglo Coal Australia
Dawson-石炭Anglo Coal Australia
Drayton-石炭Anglo Coal Australia
Foxleigh-石炭Anglo Coal Australia
Moranbah North-石炭Anglo Coal Australia

カナダ
Snap Lake-ダイヤモンドDe Beers
Trend-石炭Peace River Coal
Victor-ダイヤモンドDe Beers

コロンビア
Cerrejón-石炭Cerrejón Coal Company

チリ
Collahuasi-銅・モリブデンCompañía Minera Doña Inés de Collahuasi SCM
・El Soldado-
・Los Bronces-銅・モリブデン
Mantos Blancos-
・Mantoverde-

ナミビア
Skorpion-亜鉛

ブラジル
・Catalão-ニオブ
・Codemin-ニッケル

ベネズエラ
・Loma de Niquel-ニッケル
・Carbones del Guasare-石炭

ボツワナ
Damtshaa-ダイヤモンドDe Beers
Jwaneng-ダイヤモンドDe Beers
Letlhakane-ダイヤモンドDe Beers
Orapa-ダイヤモンドDe Beers

南アフリカ共和国
・Amandelbult-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
・Bafokeng-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
Black Mountain-亜鉛・鉛・銅・銀
Finsch-ダイヤモンドDe Beers
・Goedehoop-石炭Anglo Coal South Africa
・Greenside-石炭Anglo Coal South Africa
・Hotazel-マンガンSamancor
・Isibonelo-石炭Anglo Coal South Africa
・Kimberley-ダイヤモンドDe Beers
・Kleinkopje-石炭Anglo Coal
・Kriel-石炭Anglo Coal South Africa
・Kroondal-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
・Landau-石炭Anglo Coal South Africa
・Lebowa-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
・Mafube-石炭Anglo Coal South Africa
・Modikwa-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
・Mogalakwena-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
・Namaqualand-ダイヤモンドDe Beers
・New Denmark-石炭Anglo Coal South Africa
・New Vaal-石炭Anglo Coal South Africa
・Rustenburg-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
Sishen-鉄鉱石Kumba Iron Ore
・South African Sea Areas-ダイヤモンドDe Beers
・Thabazimbi-鉄鉱石Kumba Iron Ore
・Twickenham-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
・Union-PGM・金・ニッケル・銅Anglo Platinum
Venetia-ダイヤモンドDe Beers
・Voorspoed-ダイヤモンドDe Beers


主なプロジェクト

Anglo American(アングロ・アメリカン)の主な開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。


カナダ
Belcourt Saxon-石炭Peace River Coal
Horizon-石炭Peace River Coal
Roman Mountain-石炭Peace River Coal

ブラジル
・Amapá-鉄鉱石
・Minas-Rio-鉄鉱石

米国
・Pebble-銅・金・モリブデンPebble Limited Partnership

南アフリカ共和国
・Sishen Expansion-鉄鉱石Kumba Iron Ore
・Sishen South-鉄鉱石Kumba Iron Ore


参考:各社ホームページより