×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > オーストラリア企業 > Anglo Coal Australia
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な資源企業について。

Anglo Coal Australia(アングロ・コール・オーストラリア)


Anglo Coal Australia(アングロ・コール・オーストラリア、ACA)はオーストラリアの石炭生産大手であり、資源メジャーAnglo American(アングロ・アメリカン)の完全子会社。Anglo Americanの石炭部門において重要な役割を占める。


生産拠点は本拠を置くオーストラリア国内がメインであり、世界最大級の石炭開発地域であるクイーンズランド州のBowen Basin(ボーエン盆地)やニュー・サウス・ウェールズ州のUpper Hunter Valley(アッパー・ハンター・バレー)で石炭鉱山の権益を所有している。大半がJV。


日本の商社の三井物産とのJVである、German Creek炭鉱など複数の炭鉱で構成されるCapcoal(キャップ・コール)の権益を70%所有している(三井物産30%)。Capcoalでは既に生産を開始しているGerman Creek炭鉱などの他、2003年にWesfarmers Curraghから取得したLake Lindsayプロジェクトなどの開発も行っている。


また、German Creek炭鉱の南東部では同じく三井物産とのJVでDawson炭鉱の生産も行っている(Moura JV)。Moura JVのAnglo Coal Australiaの権益は51%(三井物産49%)。三井物産とのJVでは原料炭の生産が中心。

石炭 - オーストラリアの主な産物



主な鉱山

Anglo Coal Australia(アングロ・コール・オーストラリア)の主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。


オーストラリア
Callide-石炭
Capcoal-石炭Anglo Coal(Capcoal Management)
Dawson-石炭
Drayton-石炭
Foxleigh-石炭
・Jellinbah East-石炭
Moranbah North-石炭


主なプロジェクト

Anglo Coal Australia(アングロ・コール・オーストラリア)の主な探鉱・開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。


オーストラリア
Dartbrook-石炭
Grasstree-石炭
・Grosvenor-石炭
・Lake Lindsay-石炭
・Moranbah South-石炭
・Saddlers Creek-石炭
・Surat Basin-石炭


参考:各社ホームページより