資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > フランス企業 > Areva NC
フランス
欧州・フランスの主な資源企業について。

Areva NC(アレバNC)


Areva NCは原子力世界最大手のAreva(アレバ)の完全子会社であり、Arevaの鉱山生産部門を担う。旧Cogema(コジェマ)。年間6,000トン以上のウランを生産し、世界のウラン生産の約15%を占める世界最大級のウラン生産企業。


生産拠点はカナダカザフスタンニジェールフランスでのウラン生産は2001年に終了している。


カナダでは完全子会社であるAreva Resources Canada(アレバ・リソーシズ・カナダ)を通して世界有数のウラン埋蔵地域であるサスカチワン州のアサバスカ盆地でウランを生産。ウラン生産世界最大手であるカナダのCameco(カメコ)とのJVで世界最大のウラン鉱山であるMcArthur River(マッカーサー・リバー)鉱山を含め複数の鉱山を所有、また日本の出光興産などともJVを組んでいる。同じくカナダで操業していた権益100%所有のCluff Lake鉱山は2002年にウラン生産を終了している。

ウラン - カナダの主な産物

カザフスタンでは国営企業であるKazatomprom(カザトムプロム)と1996年に合弁企業KATCOを設立、年間約1,500トンのウランを生産。

ウラン - カザフスタンの主な産物

ニジェールでは同国政府との合弁であるSOMAIR(Societe des Mines de l'Air)、また日本のOURDなども含めた合弁のCOMINAK(Compagnie Miniere d'Akouta)といった2つの企業を設立し、1971年からウラン生産を行っている。ニジェールのウラン総生産量のほぼ全量がこの2社からの生産であり、ウラン生産は両社合計で年間3,000トン以上。


またニジェールでは、2009年にアフリカ最大であり世界第2の規模を持つウラン鉱床であるImouraren鉱床の開発でニジェール政府と合意しており、権益を約3分の2(66.65%)所有する。Imouraren鉱床では年間5000トン規模のウラン生産が見込まれ、Arevaグループ全体のウラン生産量が倍増する見通し。Imouraren鉱床からの生産開始は2012年頃。 (世界最大のウラン鉱床はオーストラリアのOlympic Dam。)

ウラン - ニジェールの主な産物

2007年に南アフリカ共和国のウラン開発企業UraMin(ウラミン)を買収し、アフリカにおけるウラン事業エリアを拡大させている。

Areva Resources South Africa(旧UraMin)

また、オーストラリアの北部準州でもウラン開発を行っている他、金鉱山も所有している。



主な鉱山

Areva NC(アレバNC)の主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。


オーストラリア
・White Foil-

カザフスタン
・Muyunkum-ウランKATCO

カナダ
Cigar Lake-ウランAreva Resources Canada
McArthur River-ウランAreva Resources Canada
McClean Lake-ウランAreva Resources Canada

ニジェール
Akouta-ウランCOMINAK
・Arlit-ウランSOMAIR


主なプロジェクト

Areva NC(アレバNC)の主な開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。


カナダ
Midwest-ウラン

中央アフリカ共和国
・Bakouma-ウランAreva Resources South Africa

ナミビア
Trekkopje-ウランAreva Resources South Africa

南アフリカ共和国
・Ryst Kuil-ウランAreva Resources South Africa


参考:各社ホームページより