×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > 南アフリカ共和国企業 > Assmang
南アフリカ共和国
アフリカ・南アの主な資源企業について。

Assmang(アソマン)


Assmang(アソマン)は南アフリカ共和国に本社を置く資源大手。旧Associated Manganese Mines of South Africa Limited。2001年にAssmangへ社名変更。以前はJSE(ヨハネスブルク証券取引所)に上場していたが、2006年2月に上場廃止している。


Oresteelの子会社であるAssoreと、南アフリカ共和国の資源企業African Ranbow Minerals(ARM)が折半出資している。日本の商社大手である住友商事がOresteelに出資していることで、住友商事もAssmang(アソマン)に資本参加している。


Assmangの生産拠点は南アフリカ共和国であり、マンガン、鉄鉱石、クロムの生産を行っている。主力はフェロマンガンを含むマンガン事業。


ムプマランガ州ではDwarsrivierクロム鉱山を操業、生産されるクロムを同鉱山の東にあるMachadodorpプラントでフェロクロムへ加工。北ケープ州では資源メジャーAnglo American(アングロ・アメリカン)BHP Billiton(BHPビリトン)がJVを組んでいるSamancor(サマンコール)が所有するHotazel鉱山の近隣でマンガン鉱山を操業しており、日本の住友商事や大手鉄鋼メーカーJFEグループの水島合金鉄とのJVであるCato Ridge Alloysが操業するプラントでフェロマンガンの精錬を行っている。


また北ケープ州ではBeeshoek鉄鉱山で年間600万トン規模の鉄鉱石の生産を行っている他、2008年には南アフリカ共和国最大の鉄鉱山であるSishen鉄鉱山Kumba Iron Ore所有、Anglo American傘下)の近隣で開発を進めていたKhumani(クマニ)鉱山からの生産を開始し、鉄鉱石の生産量も増加。Khumani鉄鉱山の年間生産規模は1000万トンであり、南アフリカ共和国の鉄鉱石生産最大手であるKumba Iron Oreとともに同国の鉄鉱石生産において重要な役割を担っている。

鉄鉱石 - 南アフリカ共和国の主な産物


主な鉱山

Assmang(アソマン)の主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。


南アフリカ共和国
Beeshoek-鉄鉱石
Dwarsrivier-クロム
Khumani-鉄鉱石
Nchwaning/Gloria-マンガン


参考:各社ホームページより