資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > オーストラリア企業 > Blackthorn Resources
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な資源企業について。

Blackthorn Resources(ブラックソーン・リソーシズ)


Blackthorn Resources(ブラックソーン・リソーシズ)はオーストラリアに本拠を置く資源企業であり、亜鉛生産を中心としてアフリカでニッケルやPGMなどの資源開発に携わる。旧AIM Resources。


メインの資産はブルキナファソで2005年に取得した亜鉛プロジェクトだが、亜鉛価格の下落により開発を中断している。ザンビアでは資源メジャーであるBHP Billiton(BHPビリトン)とのJVであるMumbwa銅・金プロジェクトの権益70%を所有している。また世界最大のPGM開発地域である南アフリカ共和国のBushveldコンプレックスにおいてニッケル・PGMプロジェクトも所有している。


開発段階であり売上はない。2008年度実績での収入は約493万豪ドルの受取利息などからなる。





主なプロジェクト

Blackthorn Resources(ブラックソーン・リソーシズ)の主な開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。

ザンビア
・Mumbwa-銅・金

ブルキナファソ
Perkoa-亜鉛

南アフリカ共和国
・Mokopane-ニッケル・PGM


参考:各社ホームページより