×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > オーストラリア企業 > BMA
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な資源企業について。

BMA


BMA(BHP Billiton Mitsubishi Alliance)はオーストラリア最大の石炭生産企業。原料炭の海上輸送シェア世界一。オーストラリア国内で事業展開。


資源メジャーBHP Billiton(BHPビリトン)と日本の商社最大手である三菱商事の完全子会社MDP(Mitsubishi Development)の折半出資によるJV。2001年にMDPがBHP Billitonから権益を取得することにより発足している。BHP Billitonの原料炭事業における中核。


オーストラリア・クイーンズランド州の大規模石炭埋蔵地域であるBowen Basin(ボーエン盆地)で北部の都市Moranbahから南部Blackwaterまで広域にわたって複数の露天堀及び坑内堀炭鉱から生産を行っている他、生産された石炭を出荷するための港湾施設Hay Point(都市Mackay近隣)の操業も行っている。


年間5000万トンクラスの原料炭及び一般炭を生産しており、その大半をHay Point港湾施設より出荷している。また一部をその近隣のDalrymple Bay港湾施設や南部にある主要資源積出港であるGladstone(グラッドストーン)より出荷している。



主な鉱山

BMA(BHP Billiton Mitsubishi Alliance)の主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。

オーストラリア
Blackwater-石炭(原料炭)
Broadmeadow-石炭(原料炭)
Goonyella Riverside-石炭(原料炭)
Gregory Crinum-石炭(原料炭)
Norwich Park-石炭(原料炭)
Peak Downs-石炭(原料炭)
Saraji-石炭(原料炭)


参考:各社ホームページより