資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > オーストラリア企業 > CGA Mining
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な資源企業について。

CGA Mining(CGAマイニング)


CGA Mining(CGAマイニング)はオーストラリアに本拠を置く金・銅探査企業。1991年にASX(オーストラリア証券取引所)に、2005年にはTSX(トロント証券取引所)に上場している。


アフリカを中心に事業展開する他、2007年に南アフリカ共和国の同業Thistle Mining(シスル・マイニング)から子会社のCentral Asia Gold Limited(セントラル・アジア・ゴールド)を通してPhilippine Gold(フィリピン・ゴールド)を取得し、フィリピンでの金開発に注力している。


アフリカの生産拠点はザンビアナイジェリア



金部門 金 - 資源一覧

CGA Mining(CGAマイニング)の金部門は、ナイジェリアのSegilola金プロジェクトと、2007年3月に取得したフィリピンのMasbate金プロジェクトからなる。


Segilola金プロジェクトはナイジェリア政府が株式20%を所有する非上場企業Tropical Mines Limitedから権益を51%取得し、JVで事業に携わる。


Masbate金プロジェクトは豊富な埋蔵量が見込まれている。フィリピンは資源が豊富にあるため、今後もフィリピンでの探査に注力していくと見られる。


銅部門 銅 - 資源一覧

CGA Mining(CGAマイニング)の銅部門はアフリカのザンビアでのプロジェクトからなり、オーストラリアの企業African Eagle Resources(アフリカン・イーグル・リソーシズ)とJVでMkushi銅プロジェクトを操業する。


Mkushi銅プロジェクトの権益比率は、CGA Miningが51%、African Eagle Resourcesが49%。


主なプロジェクト

CGA Mining(CGAマイニング)の主な開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。

ザンビア
・Mkushi-

ナイジェリア
・Segilola-

フィリピン
・Masbate-Central Asia Gold


参考:各社ホームページより