資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > オーストラリア企業 > Galaxy Resources
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な資源企業について。

Galaxy Resources(ギャラクシー・リソーシズ)


Galaxy Resources(ギャラクシー・リソーシズ)はオーストラリアの資源探査企業であり、事業のメインはリチウム・タンタル。西オーストラリア州の南西部を中心に事業展開しており、オーストラリアのASX(オーストラリア証券取引所)に上場している。


主力は西オーストラリア州のMt Cattlinリチウム・タンタルプロジェクトであり、中国・江蘇省の炭酸リチウムプラントと合わせてリチウムにおける上流(アップストリーム)から下流(ダウンストリーム)部門まで一貫生産予定。保有するリチウム資源量は世界最大級。同プロジェクトからは2010年3Q頃にリチア輝石生産が開始される見通し(年間生産量約137,000トン、酸化リチウム含有率6%)。炭酸リチウムプラント(Jiangsuプラント)を中国に建設し、権益100%所有する同プラントから年間約17,000トンの炭酸リチウム生産を見込む。生産が開始されればオーストラリアのTalison Lithium(旧Talison Mineralsのリチウム部門)に次ぐ世界2位のリチア輝石生産企業、世界4位及び中国最大の炭酸リチウム生産企業となる。生産した炭酸リチウムは自動車のバッテリー需要の増加が見込まれるアジアへ供給する計画を立てている。2010年2月には日本の商社大手である三菱商事と炭酸リチウムの長期供給契約を締結している。

リチウム - オーストラリアの主な産物

Pontonプロジェクトでは希少性の高いレアアースをターゲットとして開発に携わっている。銅プロジェクトにおいては、オーストラリアの資源企業Pioneer Nickel(パイオニア・ニッケル)の完全子会社Western Copper(ウエスタン・カッパー)とJVを組んでいる。



主なプロジェクト

Galaxy Resources(ギャラクシー・リソーシズ)の主な開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。

オーストラリア
・Aerodrome-ニッケル
・Bakers Hill/West River-ベースメタル・ニッケル
・Boxwood Hill-ベースメタル
・Connolly-ベースメタル・ニッケル
・Desmond/Elverdton-銅・金
Mt Cattlin-リチウム・タンタル
・Ponton-ウラン・レアアース
・Shoemaker-鉄鉱石・ベースメタル・PGM
・West Kundip-マンガン・鉄鉱石


参考:各社ホームページより