資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > インド企業 > Hindustan Zinc
インド
アジア・インドの主な資源企業について。

Hindustan Zinc


Hindustan Zincはインド最大の亜鉛・鉛生産企業。生産量は世界最大級。英国のVedanta Resources(ベダンタ・リソーシズ)のインドにおける非鉄金属部門であるSterlite Industries India(スターライト・インダストリーズ)傘下。Sterlite IndustriesはHindustan Zincの株式を約65%、インド政府が29.5%所有している。インド国内で鉱山操業、製錬を手がける。主産物である亜鉛や鉛の他、亜鉛の製錬過程で副産物として硫酸を、鉛の製錬過程では副産物として銀も生産している。


1966年にインド国営の資源企業として設立。2002年にSterlite Industriesがインド政府から株式を取得、2003年にはSterlite IndustriesがHindustan Zincの株式を追加取得して傘下に置いている。


生産拠点はインド北西部のラージャスターン州であり、主力鉱山はインドのRampura Agucha(ランプラーアグチャ)鉱山。製錬所も同地域がメインだが、インド南東部にも製錬所を所有している。


Hindustan Zincの2008年3月期の年間亜鉛地金生産量は約42万トン。鉛地金生産量は約58,000トン。





主な鉱山

Hindustan Zincの主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。

インド
Rajpura Dariba-亜鉛・鉛・銀
Rampura Agucha-亜鉛・鉛・銀
・Sindesar Khurd-亜鉛・鉛
・Zawar-亜鉛・鉛


参考:各社ホームページより