資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > ジンバブエ企業 > RioZim
ジンバブエ
アフリカ・ジンバブエの主な資源企業について。

RioZim


RioZimはジンバブエに本社を置く資源企業であり、石炭鉱山の操業及びニッケルの精錬を行っている。旧Rio Tinto Zimbabwe。2004年にRio Tinto(リオ・ティント)グループから離れている。


ジンバブエ国内が生産拠点であり、主力はRenco金鉱山。1982年から生産を行っている。設立当初(社名はRio Tinto Southern Rhodesia Limited)はEmpressニッケル鉱床の開発などがメイン事業であった(1968年に生産開始)が、Empressニッケル鉱山は1982年に閉山し、同時にEmpress鉱山のニッケル精錬所も閉鎖。その後1985年に精錬所の操業を再開し、ボツワナなどからのニッケルマットの精錬を主体として行っている。


ダイヤモンドにおいては母体であったRio Tinto(リオ・ティント)とのJVであるMurowa(ムロワ)鉱山の権益を所有している。



主な鉱山

RioZimの主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。

ジンバブエ
Murowa-ダイヤモンドMurowa Diamonds(MDPL)
・Renco-
・Sengwa-石炭


主なプロジェクト

RioZimの主な開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。

ジンバブエ
・One Step-


参考:各社ホームページより