資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > 米国企業 > Stillwater Mining
米国
北米・米国の主な資源企業について。

Stillwater Mining(スティルウォーター・マイニング)


Stillwater Mining(スティルウォーター・マイニング)は米国唯一の白金、パラジウム生産企業であり、白金生産量は世界トップクラス。米国内で事業展開しており、NYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場している。ロシアの資源大手Norilsk Nickel(ノリリスク・ニッケル)傘下。Norilsk NickelはStillwater Miningの株式55.4%を所有している。


世界有数の白金埋蔵地域である米国モンタナ州のStillwaterコンプレックスが生産拠点であり、国内最大のPGM鉱山であるStillwater(スティルウォーター)鉱山、そして同鉱山の西部近隣にあるEast Boulder(イースト・ボルダー)鉱山の操業を行っている。


1970年代にStillwaterコンプレックスでPGMを発見したJohns Manville Corporationと、1979年に同地域でのPGM開発に参入したChevron U.S.A.とが締結したJVがStillwater Miningの前身。その後1986年にPGMの生産が開始される(Stillwater鉱山)。1992年に新企業Stillwater Miningが設立され、Johns Manville CorporationとChevronのStillwaterコンプレックスでの資産を新企業に移管、Stillwater Miningの株式所有比率を50:50としている。1994年から1995年にかけてStillwater Miningの主要株主である両社ともStillwater Miningの株式を完全売却している。


2003年にパラジウム生産シェアの拡大を目指すニッケル・パラジウム生産世界一の資源企業であるロシアのNorilsk Nickelに買収されている。


Stillwater Miningの白金及びパラジウムの合計生産量は2008年で年間約50万オンス。うち約70%がStillwater鉱山からの生産による。





主な鉱山

Stillwater Mining(スティルウォーター・マイニング)の主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。

米国
East Boulder-PGM
Stillwater-PGM


参考:各社ホームページより