×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > オーストラリア企業 > Talison Tantalum
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な資源企業について。

Talison Tantalum


Talison Tantalumはオーストラリアに本社を置く世界最大のタンタル生産企業。オーストラリア国内で事業展開。同国の年間タンタル生産量の全量を生産しており、2008年では世界全体の30%の年間タンタル供給シェアを持つ。


Talison Mineralsのタンタル部門であり、2009年にTalison Mineralsの主力であるタンタルとリチウムの両部門を分離することにより同社が設立されている。


西オーストラリア州が生産拠点であり、世界最大級のタンタル鉱山であるGreenbushes鉱山(同州南部)、及び同国北部では同じく世界最大級のタンタル生産規模を持つWodgina鉱山を所有している。両鉱山合計の年間酸化タンタル生産能力は約230万ポンド(約1,040トン)。


Greenbushes鉱山では同鉱山からのタンタル鉱石の処理はストップしており、Wodgina鉱山で生産されたタンタルを処理するプラントの操業が行われていたが、経済危機によるタンタル需要の減少を受け2008年11月には主力であるWodginaタンタル鉱山も操業中止を発表。今後のタンタル需要動向を見て生産を再開させる構えを見せている。



主な鉱山

Talison Tantalumの主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。

オーストラリア
Greenbushes-タンタル
・Wodgina-タンタル


参考:各社ホームページ、Australian Mines Atlasより