×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > カナダ企業 > Uranium One
カナダ
北米・カナダの主な資源企業について。

Uranium One(ウラニウム・ワン)


Uranium One(ウラニウム・ワン)はカナダに本社を置くウラン生産大手。ウラン生産量は2007年で世界8位。カザフスタンを中心として、南アフリカ共和国、オーストラリア、米国で事業展開している。


主力鉱山はカザフスタンのAkdala鉱山。


今後5年間で世界トップ5のウラン生産企業となることを目標としている。



経済危機によるウラン価格の下落や操業コストの上昇による採算悪化により2008年10月には南アフリカでのDominionプロジェクトを中断、そして米国での探鉱・開発プロジェクトにおける資産の評価損などで合計約33億米ドル強の損失を計上しており、2008年年間実績では大幅な赤字となっている。




ウラン部門 ウラン - 資源一覧

Uranium One(ウラニウム・ワン)のウラン部門は、カザフスタンのウラン大手Kazatomprom(カザトムプロム)とJV展開しているAkdala鉱山からの生産がメイン。カザフスタンでの生産はAkdala鉱山とSouth Inkaiプロジェクトを含めたBetpak Dala JVと、Kazatompromや日本勢とのJVでKharasan(ハラサン)プロジェクトも抱える。


南オーストラリア州のHoneymoon(ハネムーン)鉱山やGoulds Dam、Billerooプロジェクトを含めたオーストラリア部門の権益100%のうち、49%を日本の商社大手である三井物産に2008年10月に売却し、JVで事業展開する。


三井物産への売却額はUranium Oneの2007年の売上高の約半分に相当する約1億豪ドルであり、Honeymoon(ハネムーン)鉱山の商業生産開始は2009年末から2010年の見通し。


南アフリカ共和国ではDominionプロジェクトの権益を100%持つほか、南アの産金企業Aflease Gold Limitedの権益を67%持っている。


Uranium One(ウラニウム・ワン)のウラン生産は全量がBetpak Dala JVからの生産。


Honeymoon(ハネムーン)鉱山の年間ウラン生産量は権益100%ベースで約400トンの見通し。Betpak Dala JVは年間ウラン生産量を2000トンまで引き上げる拡張工事が2008年半ばに完了する予定であり、将来的には年間4000トンの生産まで増加させる計画。


カザフスタンでのSouth Inkaiプロジェクトからウラン生産が2009年に開始される見込みであり、Uranium Oneの2つ目のウラン鉱山となる。


2008年ではU3O8生産量は約1300トンであり、2007年から大幅アップ。2010年にはウラン生産量(U3O8)を年間約2540トンまで引き上げる見通し。カザフスタンでのSouth Inkai、そしてKharasan両プロジェクトからの生産が2010年までに寄与すると見られる。


2009年にARMZから権益50%を取得したKaratauウラン鉱山では2010年には約1,040トン(U3O8)のウラン生産を見込んでいる。同鉱山はKazatompromとのJVであり、2008年に本格生産が開始されている。


主な鉱山

Uranium One(ウラニウム・ワン)の主な鉱山とその産物、生産に携わる傘下企業・JVの名称。

カザフスタン
Akdala-ウランBetpak-Dala JV
・Karatau-ウラン


主なプロジェクト

Uranium One(ウラニウム・ワン)の主な開発プロジェクトとその予定される産物、開発に携わる傘下企業・JVの名称。

オーストラリア
Honeymoon-ウラン

カザフスタン
Kharasan-ウランKyzylkum JV
・South Inkai-ウランBetpak-Dala JV

南アフリカ共和国
・Dominion-ウラン


参考:各社ホームページより