×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > ウクライナ企業 > VostGOK
ウクライナ
欧州・ウクライナの主な資源企業について。

VostGOK


VostGOKはウクライナ国営のウラン生産企業。ウクライナの原子力産業を束ねる国営企業Ukratomprom(ウクラトムプロム)傘下。設立当初の社名はEastern Ore Dressing Complex。1989年にVostGOKとなる。


2007年ではウクライナのウラン生産量の全量がVostGOKの生産によるものであり、ウクライナ国内全体の原子力発電におけるウラン需要の約30%を供給している。


VostGOKは本社を置くDnepropetrovsk(ドニプロペトロウシク)でウラン鉱山を操業。主力鉱山はIngul'skaya鉱山とSmolinskaya鉱山。また、Kirovograd(キロヴォフラード)でも鉱床を所有し、今後は開発を進めていくと見られる。


ウクライナのウラン需要の増加に対応するため、外資企業を誘致する意向を示しており、国内で2008年後半から2009年にかけて生産開始が見込まれているNovokonstantinovskoyeプロジェクトには、ロシアの原子力企業Rosatom(ロスアトム)と同プロジェクトへの投資について交渉している。


VostGOKの年間ウラン生産量は約800トン。Novokonstantinovskoyeプロジェクトからのウラン生産が新たに加わり、2013年には生産量を年間1500トンまで引き上げる見通し。



参考:各社ホームページより