資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所
資源企業
資源について > 資源企業 > オーストラリア企業 > Whitehaven
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な資源企業について。

Whitehaven Coal(ホワイトヘイブン)


Whitehaven(ホワイトヘイブン)はオーストラリアの石炭生産企業。オーストラリア国内が生産拠点。


New South Wales(ニュー・サウス・ウェールズ州)のGunnedahエリアで炭鉱開発、石炭生産に携わっている。





石炭部門 石炭 - 資源一覧

Whitehaven(ホワイトヘイブン)の石炭部門では、2008年においてはNew South Wales(ニュー・サウス・ウェールズ州)に炭鉱を操業するほか、プロジェクトも抱える。


事業は位置関係からWhitehaven Mining Precinct(WMP)とWerris Creekの2つに分けられる。


主力炭鉱はニュー・サウス・ウェールズ州の北西部の町Boggabri(ボガブライ)の近隣に位置するCanyon(旧Whitehaven)炭鉱Tarrawonga炭鉱、南部に離れたWerris Creek炭鉱


開発中のNarrabri(ナラブライ)プロジェクトは2009年から石炭出荷開始が見込まれている。


Narrabriプロジェクトは2008年2月に権益7.5%を中国の電力大手である広東省粤電集団有限公司(China's Guangdong Yudean Group)に売却。


また、Narrabriプロジェクトは2008年8月には権益15%を、日本の電力大手J-Power(電源開発)とフランスの電力大手EDF Group(EDFグループ)に売却している(権益は両社とも7.5%)。


Whitehavenの2008年の年間石炭総生産量は205万トン。


参考:各社ホームページより