資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

買収

資源について > 資源企業 > 買収 > Goldcorp - Canplats Resources
2009年
資源企業の買収劇について。
Goldcorp - Canplats Resources

買収企業Goldcorp
対象企業Canplats Resources
買収額約2億3800万C$
結果交渉中
カナダ生産大手であるGoldcorp(ゴールド・コープ)の同じくカナダの資源企業Canplats Resourcesへの買収。

英国のFresnilloと米国のNewmont MiningのJVであるMinera Penmontと競合。

買収の目的

主な鉱山・プロジェクト地図
主な銅鉱山・プロジェクト地図
Canplats Resourcesがメキシコのサカテカス州(Zacatecas)に所有する主力プロジェクトであるCamino Rojo金・銀プロジェクト(権益100%所有)はGoldcorpが所有するPeñasquito金鉱山の南東約50kmの位置で行われており、近隣のプロジェクトを取り込むことでPeñasquitoエリアの保有資源量を拡大する狙いがある。

Camino Rojoプロジェクトはサカテカス州の州都Zacatecas(サカテカス)の北東約200km、同州北東部の町San Tiburcio近隣にある。Canplats Resourcesはメキシコの完全子会社Canplats Mexicoを通じてプロジェクトを所有。ターゲットとなるRepresa鉱床の資源量は精測・概則合計で金が約340万オンス、銀が約6070万オンス。年間約12万オンスの金及び約90万オンスの銀生産量を見込んでいる。

GoldcorpはCamino Rojoプロジェクトの取得を目的としており、Canplats Resourcesが他に所有するプロジェクトは新会社を設立して分離させる見通し。買収が不成立の際にはCanplats ResourcesはGoldcorpに720万C$を支払う。Canplats Resourcesが所有するその他のプロジェクトはCamino Rojoプロジェクトの北西部・ドゥランゴ州(Durango)及びチワワ州(Chihuahua)にある。

世界最大級の銀生産企業であるFresnilloと米国の金生産大手Newmont Miningの権益56:44のJVであるMinera Penmontが買収に参入。先に提案を行っていたGoldcorpと同じくCamino Rojoプロジェクトの取得を目的としており、その他のプロジェクトは分離する。またGoldcorp同様、買収が不成立の際においてCanplats ResourcesとMinera Penmontの間でブレークフィーが設定されている。

Minera Penmontはメキシコ・ソノラ州(Sonora)での開発を目的として1987年に設立されたJVであり、1998年より同州のHerradura鉱山から生産を行っている他、同鉱山の近隣でプロジェクトを展開している。なおCamino Rojoプロジェクトの南西部にはFresnilloの主力、世界最大級の銀鉱山であるFresnillo鉱山がある。

経緯

2009年12月23日Minera PenmontがCanplats Resourcesに買収提案。Goldcorpの提案を上回るCanplats Resources1株当たり4.40C$の条件。
2009年11月16日GoldcorpとCanplats Resourcesが買収で合意。全株取得、総額約2億3800万C$(加ドル)。Canplats Resources1株当たり3.60C$、同社の11月13日(金)の終値に約41%のプレミアム。