×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

買収

資源について > 資源企業 > 買収 > CVRD - Inco
2006年
資源企業の買収劇について。
CVRD - Inco

買収企業CVRD
対象企業Inco
買収額170億$
結果成立
ブラジルの資源大手であるCVRD(リオドセ)の、カナダのニッケル生産世界2位のInco(インコ)への買収。

Teck Cominco(テック・コミンコ)、Phelps Dodge(フェルプス・ドッジ)との買収合戦。

買収の目的

鉄鉱石生産世界一であるCVRD(リオドセ)の主力である鉄鉱石以外の収益の拡大、取り扱う資源の多角化。

Inco(インコ)への買収は、先にカナダの銅生産大手Teck Cominco(テック・コミンコ)や米国の資源大手Phelps Dodge(フェルプス・ドッジ)が名乗りを上げており、CVRD(リオドセ)は買収合戦への参加としては3番手となる。

しかし、現金と株式交換の組み合わせで買収提案をしている他社に対して、全額現金でInco(インコ)の買収を提案、資金力で他社を圧倒する。


経緯

2006年10月24日CVRD(リオドセ)がInco(インコ)の経営権取得を発表。Inco(インコ)株式75.66%を取得。
2006年9月24日Inco(インコ)がCVRD(リオドセ)の買収提案を受け入れるよう、株主に推薦。
2006年9月Inco(インコ)がCVRD(リオドセ)との交渉を継続するため、Phelps Dodge(フェルプス・ドッジ)との合併計画を撤回。
2006年8月14日CVRD(リオドセ)がInco(インコ)に敵対的買収を仕掛ける。
2006年8月11日CVRD(リオドセ)がInco(インコ)に買収提案。提示条件はInco(インコ)1株当たり86C$。買収額は193億5000万億C$。全額現金で支払う。