資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

買収

資源について > 資源企業 > 買収 > 湖南華菱鋼鉄集団 - Fortescue Metals Group
2009年
資源企業の買収劇について。
湖南華菱鋼鉄集団 - Fortescue Metals Group

買収企業湖南華菱鋼鉄集団
対象企業Fortescue Metals Group
買収額約5億5800万A$
→6億4480万A$
結果成立
中国の鉄鋼大手である湖南華菱鋼鉄集団の、オーストラリア鉄鉱石生産大手Fortescue Metals Group(フォーテスキュー・メタルズ・グループ)への買収(Fortescue Metals Group株17.55%の出資。)。

出資成立にはFIRB(Foreign Investment Review Board、オーストラリア外国投資審査委員会)、NDRC(Chinese Government's National Development and Reform Commission、中国国家発展改革委員会)の承認が必要。

Fortescue Metals Group(フォーテスキュー・メタルズ・グループ)はオーストラリアでBHP Billiton(BHPビリトン)Rio Tinto(リオ・ティント)といった従来のオーストラリア鉄鉱石を寡占している資源メジャーに次ぐ新たな鉄鉱石供給大手として期待されている。2008年からCloudbreak(クラウドブレイク)鉄鉱山より鉄鉱石生産を開始しており、Fortescue Metals Groupはオーストラリア国内で3位の鉄鉱石生産企業となっている。

しかし資金繰りの悪化、また鉄鉱石生産能力を現状の年間5000万トン程度から1億トン以上への拡張計画により資金の確保が課題となっており、Fortescue Metals Groupにとっては今回の出資は有意義なものであると考えられる。

Fortescue Metals Groupは湖南華菱鋼鉄集団の子会社と年間100万トンの鉄鉱石の供給契約を締結しており、この出資により供給量を年間400万トンへ拡大し、さらに今後供給量を拡大していく見通し。

経緯

2009年4月29日湖南華菱鋼鉄集団の出資完了。
2009年4月22日NDRC(Chinese Government's National Development and Reform Commission、中国国家発展改革委員会)が出資を承認。
2009年3月31日FIRBが出資を承認。
2009年3月19日FIRB(Foreign Investment Review Board、オーストラリア外国投資審査委員会)が出資に対する審査を30日延長。
2009年3月9日Fortescue Metals Groupが湖南華菱鋼鉄集団からの出資比率引き上げに合意。Fortescue Metals Groupの新株をさらに3500万株取得する。投資額を約8600万A$追加して総投資額は6億4480万A$。同じくFortescue Metals Group1株当たり2.48A$。既存株主からの取得分を合わせて湖南華菱鋼鉄集団の株式保有は5億3500万株、Fortescue Metals Group総発行株式の約17.4%にあたる。湖南華菱鋼鉄集団は最大17.55%まで出資比率を高める。
2009年2月25日Fortescue Metals Groupが湖南華菱鋼鉄集団からの出資に合意。Fortescue Metals Group1株当たり2.48A$でFortescue Metals Groupの新株2億2500万株を取得する。新株に対する総投資額は5億5800万A$。湖南華菱鋼鉄集団は別に既存株主からFortescue Metals Group株2億7500万株も取得する。