×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

買収

資源について > 資源企業 > 買収 > Xstrata - Indophil Resources
2008年
資源企業の買収劇について。
Xstrata - Indophil Resources

買収企業Xstrata
対象企業Indophil Resources
買収額4億2600万A$
結果決裂
スイスの資源大手であるXstrata(エクストラータ)の、オーストラリアの金・銅生産企業Indophil Resources(インドフィル・リソーシズ)への買収。

買収の目的

両社は、フィリピンのミンダナオ島でJVでTampakan(タンパカン)金・銅プロジェクトを有しており、権益はXstrataが62.5%、Indophil Resourcesが37.5%。

XstrataはIndophil Resouecesを買収することで、Tampakan(タンパカン)金・銅プロジェクトの権益を拡大し、開発の効率化を目指す狙いがある。

XstrataはIndophil Resouecesの株式全株取得することにより、Tampakanプロジェクトの権益100%への引き上げを目指す。

Indophil Resouecesの筆頭株主LionがXstrataに株式保有分を売却するものの、買収は成果を上げることができず、XstrataはIndophil Resouecesの株式19.99%を取得するに留まる。

経緯

2008年5月15日Indophil Resourcesが買収提案を拒否。評価が低いとの理由。
2008年5月15日XstrataがIndophil Resourcesに買収提案。提示条件はIndophil Resources1株当たり1A$。買収額は4億2600万A$。