×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > Bowen Basin
資源開発が行われている世界の主な地域。
Bowen Basin(ボーエン盆地)

Bowen Basin(ボーエン盆地)はクイーンズランド州東部に位置するオーストラリア最大の石炭埋蔵地域であり、ニュー・サウス・ウェールズ州のHunter Valley Coal Chain(ハンター・バレー)と並んで同国内の石炭生産の中核地域である。
石炭 - オーストラリアの主な産物

クイーンズランド州内の石炭生産のほとんどがBowen Basinからの生産による。

Bowen Basin(ボーエン盆地)はクイーンズランド州の都市Mackay北西部に位置するCollinsvilleから、Gladstone南西部に位置するTheodore南部まで広がっており、生産された石炭は世界最大級の石炭積出港であるGladstone港(GPC)やDalrymple Bay Coal Terminal(DBCT)などから海外へ出荷されている。

Bowen Basin産石炭の主要積出港の1つであるGladstone港における石炭出荷はRG Tanna(主力)とBarney Pointの2つの出荷施設からなり、出荷される石炭のうち約75%が原料炭。Bowen Basin上のBlackwater(ブラックウォーター)炭鉱やEnsham(エンシャム)炭鉱などで生産された石炭がGladstone港から出荷されている。原料炭、一般炭ともに日本や台湾などのアジア向けが中心であり、年間7000万トンの石炭出荷能力を持っている。

Gladstone港の北部に位置するDalrymple Bay Coal Terminalは年間6000万トンの石炭出荷能力を持っており、2008年には石炭出荷能力を年間8500万トンクラスへ引き上げる拡張プロジェクトが実施されている。Dalrymple Bay Coal TerminalへはBowen Basin上のBlair Athol(ブレア・アソル)炭鉱やGoonyella Riverside(グニエラ・リバーサイド)炭鉱などで生産された石炭が運ばれ、Dalrymple Bay Coal Terminalからは欧州やアジアなどへ原料炭、一般炭の出荷が行われている。

鉱山

Bowen Basin(ボーエン盆地)で生産及び開発が行われている主な鉱山・プロジェクト。

Baralaba
Blackwater
Blair Athol
Broadlea
Burton
Capcoal(German Creek)
Carborough Downs
Clermont
Collinsville
Cook
Coppabella
Curragh
Dawson(Moura)
Eastern Creek
Ensham
Foxleigh
Goonyella Riverside
Gregory Crinum
Hail Creek
Isaac Plains
Jellinbah East
Kestrel
South Walker Creek
Lake Lindsay
Lake Vermont
Millennium
Minerva
Moorvale
Moranbah North
Newlands
North Goonyella
Norwich Park
Oaky Creek
Peak Downs
Poitrel
Rolleston
Saraji
Sonoma
Suttor Creek
Wollombi
Wonbindi
Yarrabee

参考:各社ホームページ、Bowen Basin、GPC、DBCTより