×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > ペルーの鉱山 > Antamina
ペルー
中南米・ペルーの主な鉱山について。
Antamina(アンタミナ)

Antamina(アンタミナ)鉱山周辺地図
※地図【 県地図 】   【 国地図 】
所在Ancash
(アンカシュ州)
産物亜鉛モリブデン
操業開始2001年
採掘方法露天掘

権益比率
BHP Billiton33.75%
Xstrata33.75%
Teck Resources22.50%
三菱商事10.00%


Antamina(アンタミナ)鉱山はペルー最大の銅鉱山。亜鉛や銀生産量も国内最大級。ペルーの首都Lima(リマ)の北約270km、アンカシュ州San Marcos地域のAntamina canyon(アンタミナ・キャニオン)にある。海抜4200m~4700m。
銅 - ペルーの主な産物

ペルー最大の銅生産企業であるCompania Minera AntaminaがAntamina鉱山を所有、操業しており、同社へは英国オーストラリア資源メジャーであるBHP Billiton(BHPビリトン)スイスの資源大手Xstrata(エクストラータ)カナダの資源大手Teck Resources(テック・リソーシズ)日本の商社大手の三菱商事が出資している。

Antamina鉱山で生産された資源は鉱山からパイプラインを通って南西にある積出港のPunta Lobitos港(都市Huarmeyの1km西)まで運ばれ、海外へ出荷される。

参考:各社ホームページより