×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > オーストラリアの鉱山 > Area C
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な鉱山について。
Area C

Area C鉄鉱山周辺地図
所在Western Australia
(西オーストラリア州)
産物鉄鉱石
操業開始2003年
採掘方法露天堀

権益比率
BHP Billiton85%
伊藤忠商事8%
三井物産7%


Area C鉱山はオーストラリアの鉄鉱石開発地域であるPilbara(ピルバラ)地域にある鉄鉱山。西オーストラリア州の都市Newman(ニューマン)とTom Price(トム・プライス)の間にある。

資源メジャーであるBHP Billiton(BHPビリトン)と日本企業が傘下企業を通じて出資しているMt Goldsworthy JVの1つ。

Area C鉄鉱山周辺鉱山地図
Area C鉄鉱山周辺鉱山分布図
Area C鉄鉱山近隣では活発に鉄鉱石開発及び生産が行われており、同鉱山の東部では両社が同じ権益比率で展開するYandi(ヤンディ)鉱山(Yandi JV)や鉄鉱石生産大手Rio Tinto(リオ・ティント)などが2007年に生産を開始したHope Downs(ホープ・ダウンズ)鉱山がある。またArea C鉱山の南部ではRio Tintoと日本企業が出資するWest Angelas鉱山、そして西部ではオーストラリアの資源企業United Minerals(ユナイテッド・ミネラルズ)が鉄鉱石開発を行っている(Railwayプロジェクト)。

参考:各社ホームページより