×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > ドミニカ共和国の鉱山 > Bonao
ドミニカ共和国
中南米・ドミニカ共和国の主な鉱山について。
Bonao(ボナオ)

Bonaoニッケル鉱山周辺地図
所在Monseñor Nouel
(モンセニョール・ノウエル州)
産物ニッケル
操業開始1971年
採掘方法露天堀

権益比率
Xstrata85.26%
ドミニカ共和国政府10.64%
Franco-Nevada4.1%


Bonao(ボナオ)鉱山はドミニカ共和国のモンセニョール・ノウエル州の州都Bonaoにある国内最大のニッケル鉱山。同国の首都Santo Domingo(サント・ドミンゴ)の北西に位置する。国内で唯一ニッケル生産が行われている鉱山であり、鉱石の採掘から近隣の製錬所でフェロニッケルの生産が行われている。

スイスのXstrata(エクストラータ)のニッケル部門であるXstrata Nickel傘下のFalcondo(Falconbridge Dominicana)がBonao鉱山の権益を所有。

資源価格の下落によりBonaoニッケル鉱山の操業は中断されており、2009年では生産量はない。2008年では年間約18,800トンのフェロニッケルが生産されている(権益100%ベース)。同鉱山で生産されたフェロニッケルはサント・ドミンゴ近隣にあるHaina港より輸出される。

Xstrataは2006年のFalconbridge(ファルコンブリッジ)の買収により同鉱山の権益を取得している。

Bonaoニッケル鉱山の近隣ではカナダの資源企業であるGlobeStar Mining(グローブスター・マイニング)Barrick Gold(バリック・ゴールド)Goldcorp(ゴールドコープ)などによってニッケル、銅、金、銀の生産及び開発が行われている。

参考:各社ホームページより