資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > オーストラリアの鉱山 > Broken Hill
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な鉱山について。
Broken Hill(ブロークン・ヒル)

Broken Hill(ブロークン・ヒル)鉱山周辺地図
所在New South Wales
(ニュー・サウス・ウェールズ州)
産物亜鉛
操業開始1885年

権益比率
Perilya


Broken Hill(ブロークン・ヒル)鉱山は120年以上の歴史を持つ鉱山であり、ニュー・サウス・ウェールズ州西部に位置する。

Broken Hill鉱山から生産を開始するために設立されたBHP(Broken Hill Proprietary Company、ブロークン・ヒル・プロプライエタリー)は後に世界一の鉱山企業BHP Billiton(BHPビリトン)となる。

BHP Billitonが1940年にBroken Hill鉱山から撤退し、1988年にBroken Hillの資源企業が合併してPasminco(パスミンコ)を設立。

Pasmincoから2002年にPerilya(ペリルヤ)がBroken Hill鉱山を取得し、操業している。Perilyaが取得したのは北部・南部鉱床。中央部鉱床はオーストラリアの資源企業CBH Resources(CBHリソーシズ)が取得。プロジェクトを実施している。

2005年9月に交わされたPerilyaと米国の銀生産大手Coeur d'Alene Mines(コー・ダリーン・マインズ)との契約により、Broken Hill鉱山から生産される銀はCoeur d'Alene Minesが取得する。

Broken Hill鉱山の鉱床取得を目指し、2008年にPerilyaがCBH Resourcesに買収提案したが交渉は決裂している。
Perilya - CBH Resources - 資源企業の買収劇


参考:各社ホームページより