資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > オーストラリアの鉱山 > Bulga
オーストラリア
オセアニア・オーストラリアの主な鉱山について。
Bulga

Bulga石炭鉱山周辺地図
所在New South Wales
(ニュー・サウス・ウェールズ州)
産物石炭
操業開始
採掘方法露天掘

権益比率
Oakbridge87.5%
新日本製鉄12.5%


Bulga鉱山はニュー・サウス・ウェールズ州の都市Singleton(シングルトン)の西に位置する石炭鉱山。同州の主要石炭生産・開発地域Hunter Valley Coal Chain(ハンター・バレー)上のHunter Coalfield(ハンター炭田)にある。

スイスの資源大手Xstrata(エクストラータ)や日本の新日本石油などが出資するOakbridgeと、日本の鉄鋼大手である新日本製鉄とのJV。両社が同地域における石炭鉱山及び洗炭プラントの操業を行うJVであるBulga Complexの中の1炭鉱。同JVのもう1つの炭鉱であるBeltana炭鉱がBulga炭鉱の東近隣にある。

XstrataはOakbridgeの権益を78%所有しているため、XstrataのBulga炭鉱の権益持分は68.25%。

Bulga炭鉱では年間830万トンの石炭が生産されている。

スイスの商社大手Glencore(グレンコア)が傘下企業Glencore Coal Australiaを通じてOakbridgeの権益を取得。Glencore Coal Australiaの社名をEnex Resourcesへと変更した後、2002年にXstrataがEnex Resourcesを取得して同炭鉱に参入している。Xstrataは翌年にOakbridgeへの出資比率を78%へと高めている。

新日本製鉄は1993年にBulga炭鉱の権益を取得している。

参考:各社ホームページより