×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資源について - Home
  • 資源一覧
  • 資源用語
  • 資源企業
  • 資源ランキング
  • 鉱山
  • 原油・ガス田
  • 各国情勢
  • 取引所

鉱山

資源について > 鉱山 > ブラジルの鉱山 > Carajás
ブラジル
中南米・ブラジルの主な鉱山について。
Carajás(カラジャス)

Carajás(カラジャス)鉱山周辺地図
※地図【 州地図 】   【 国地図 】
所在Para
(パラー州)
産物鉄鉱石
操業開始
採掘方法露天堀

権益比率
Vale100%


Carajás(カラジャス)鉱山はブラジル北部の州であるパラー州に位置する、世界最大の鉄鉱山

ブラジルの資源大手Vale(ヴァーレ)が所有。Valeの鉄鉱石3部門の1つであるNorthern System(ノーザン・システム)の総称であり、同社の主力。Carajás鉱山はさらにN4W、N4E、N5-W、N5E、N5E-N鉱山に分けられる。さらにCarajás鉱山では鉄鉱石生産量を倍増させるための鉱山拡張プロジェクト(Carajás expansion)がValeによって行われており、2009年中頃にプロジェクトが完了する見通しとなっている。

Carajás(カラジャス)鉱山の年間鉄鉱石生産量
Carajás鉱山の2009年の年間鉄鉱石生産量は約8500万トン。同鉱山で生産された鉄鉱石はValeが管理・運営しているCarajás(カラジャス)鉄道(EFC)で、鉄鉱石やなどの資源積出港であるPonta da Madeira港(São Luís近隣、マラニョン州)まで運ばれる。

供給先は主にアジア向け。2004年までは日本が最大の供給先だったが、2004年以降は中国が最大の供給先となっている。

参考:各社ホームページより